ロサンゼルスのUberを徹底解説! メーター気にしなくていいってほんと?!

アメリカは車社会であり、地下鉄はあっても行きたい所までは駅がなかったり、バスは時間にルーズで特に旅行では当てにできません。

そこで、観光する際とっても役に立つのが、配車アプリ「Uber」です! 逆にUberなしでロサンゼルス(以下、LA)観光はできません。

そんなUberについて、気になるところ全部解説していきます。

Uberってなに?

Uberとは、アメリカの企業ウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリです。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開しています。

一言でいえばタクシーです。

しかし、タクシーと大きく違うところは、

  1. ドライバーが一般人

  2. アプリだけで配車予約&支払い完結

この2点です。

Uberのドライバーには基本的に車と免許証があればどんな人でもなれ、ドライバーにとっては空いた時間に小遣い稼ぎできます。

一方、私たち乗客にとっては、アプリだけで配車予約から支払いまで、スマホの数タッチで完結する点が非常に便利です。

このように、ドライバーにとっても私たち乗客にとってもメリットがある画期的なシステムなのです。

Uberのメリット・デメリット

メリット➀ アプリで楽ちん!

Uberはアプリで配車予約から支払いまで完結するので、とにかく楽ちん!

支払いは事前に登録してあるクレジットカードから引き落とされるので、ドライバーとのお金のやりとりがありません

外国の人となれないドルで小銭のやりとりするのは勇気がいりますし、ぼったくられてないかって心配になります。また、チップもどれほど渡せばいいのか分からないですよね。

Uberではその面倒なやりとりをしなくていいので、とっても楽です!

また、配車予約もLAであれぼ、ものの数分でマッチングします!(長くても5分くらい、平均1分くらい)

メリット② UberPoolならメーターを気にしなくていい!

日本のタクシーは、距離 or 距離+時間 で実際に走行して料金が決まるのが主流ですが、これだと遠回りされていないかや、渋滞に巻き込まれるとそわそわしちゃいますよね。

Uberアプリのスクリーンショット

しかし、後述しますが、UberPoolという種類を選択すれば、予約の時点で料金が決まっているため、遠回りされようが時間がかかろうが、一回決まると料金は変わりません!

メーターを気にせず、リラックスして乗れますね(笑)

また、UberPool以外の種類でも遠回りされないようになっています!

メリット③ タクシーより安い!

ロサンゼルスのタクシー

LAにもタクシーはありますが、流しのタクシーは走っていません。空港や主要ホテル、テーマパークなどに行けば必ずタクシーが待機していますが、その他の場所では電話で呼んで来てもらうしかありません。

初乗り $2.85
距離 $0.3(180mごと)
待ち時間 $0.3(37秒ごと)
チップ 15%程度

料金システムは、このようになっており、チップが結構高いです。チップについては以下の記事を参考にしてみて下さい。チップの基礎からUberのチップの払い方など、解説してあります。

実際のタクシー料金はこちらから調べることができます。

例えば、タクシーだと、ハリウッドからサンタモニカまでは$40~94+チップ かかります。

対してUberですと、$19~24です。

Uberの方が圧倒的に安いですね。

メリット④ 車内がキレイで清潔 & 車種を選べる!

LAのUberは購入して15年以内の車で、かつ車内がキレイでないと採用されません。(こちら参照

また、Uberにはドライバーの5段階評価があり、採用後も車内は清潔に保たれています。

たまに高級車に当たっちゃうことも!

また、配車予約時に車種を選ぶことができます!

車種 一言でいえば サービス
UberPool 安くすませたい! ・相乗り
・1 or 2名
UberX スタンダード ・4名
・中型車
Comfort ゆったりと ・足元広い
・星4.85、乗車250回以上
UberXL 荷物 or人数多いとき ・6名
・大型車
Select お手頃なハイグレードハイヤー ・4名以上
・2009年以降の新車
・高級セダン
Black 黒色の高級車 ・4名以上
・5年以内の新車
・内外装が黒色の高級車
・星4.85以上
Black SUV 黒色の高級SUV ・6名
・5年以内の新車
・内外装が黒色の高級SUV
・星4.85以上
Lux 最高級セダン ・4名以上
・2012年以降の新車
・内外装が黒色の超高級セダン
・プロのドライバー

私は安くすませたかったので、もっぱらUberPoolを使ってました(笑)

みんなで帰るときはUberXって感じで。

一方、より安全に帰りたい方や、リッチに帰りたい方はそれに合わせて車種を選ぶことができるのです。

メリット⑤ 別々の目的地を設定できる

Uberでは一回の配車予約で、3か所まで目的地を設定できます。

これのどこがいいんだ、と思われるかもしれませんが、意外と大事なんです。

例えば、友達と2人でどこか遊びに行って、夜に方面は同じですが別々の家に帰るとします。

しかし、別々に配車予約すると違う車が配車される可能性が大いにあります。(目的地の方面が同じで同じ場所から同時にUberPoolで配車予約すると、相乗りという形で2人同じ車に配車されることもありますが)

別々に配車されると、同時に車が到着しない限り必ず1人は取り残されることになります。夜に1人は危ないですよね。

そんな時に、目的地を3つまで設定できる機能が役立つのです!

これなら、配車予約時にそれぞれの家を設定すれば同じ車で一緒に帰れますね!

メリット⑥ ドライバーと会話できる or 会話しなくても大丈夫

Uberに限ったことではありませんが、ドライバーと会話したい方は色々喋ることができますよね。

私はドライバーと会話するのがUberの一つの楽しみでもありました。

本場のアメリカ人と英語のスピーキングの練習ができますし、おすすめのレストランを聞いたり、LAの日常生活について聞いたり。

友達はUberPoolで相乗りの方にネットに載っているスラングが本当に通じるのか、調査してましたね(笑)

また、Uberではアプリですべて完結するので、逆に全く会話しなくても大丈夫です!

タクシーだと行き先を告げる、お金を払う時に必ず会話する必要がありますよね。

英語を喋るのが苦手な方でも安心して乗れます。

デメリット➀ 料金が変動する

Uberの料金変動

Uberの料金は需要に合わせて時間とともに常に変動します。

安い時もあれば、高い時もあるのです。

UberのSurge Pricingについて

さらに、需要が大幅に増加すると配車リクエストが確実に受け付けられるようにするため 、料金が1.8倍や2.5倍などになる、「ピーク料金」があります。(詳しくはこちらから)

実際、私はアナハイムのディズニーに遊びにいった時、帰りはUberでいいやと思っていたら夜のショーが終わったらみんな一斉に帰るので、Uberがめちゃめちゃ高くなっていました。

なので、ピーク料金が収まるまで、パークの外(日本でいうイクスピアリ的なとこ)で時間をつぶしました(笑) そこは深夜3時ぐらいまで空いてます(笑)

料金の変動にはちょっと注意が必要ですね。

デメリット② 便利すぎて使いすぎちゃう

Uberは便利すぎてお金を払っている感覚がないので、つい使いすぎちゃいます(笑)

どこにいてもいつでも配車予約すればすぐに車がくるので、まるで自分がセレブで専属ドライバーがいるような感覚に陥ります(笑)

便利なことはメリットですし、車社会のLAにおいてUberは必須なので使うことはいいのですが、使いすぎないように注意しましょう(笑)

Uberで交通事故したときの補償は?

Uberの保険について

乗車中であれば、約1億円の治療費の補償があります。(詳しくこちらから)

ドライバーってどんな人?

ドライバーの審査基準は以下のようになります。(詳しくはこちらから)

  • 運転免許証を持っている
  • 1年以上(23歳未満は3年以上)の運転経験がある
  • 4ドアの車を持っている
  • その街に住んでいる
  • 自動車保険に加入している
  • 過去の運転違反や犯罪歴のスクリーニングを通る

Uberの犯罪歴のスクリーニングは厳しいと言われています。

詳細な基準は州や地方の法律に依りますが、統一して以下の犯罪を人生で一回でも犯せば、Ubenのドライバーにはなれません。(詳しくはこちらから)

  • 殺人
  • 性的暴行
  • テロ攻撃
  • 重罪(暴力、性暴力、その他)

Uberのドライバーは基本的に良い人、と考えてもらって大丈夫だと思います。

心配な方は、評価の高いドライバー、より高い車種を選ぶといいですね。

ドライバーと話していると、男の人は、昔は違う仕事をしてたけど、仕事を辞めて、今はUberのドライバーが仕事っていう人がほとんどでした。

思ったより本職の人が多くてびっくりしました。

女の人の場合は、小遣い稼ぎって方が多かったです。

比率的には、8:2ぐらいで男の人でしたかね。

料金をどうやって決まるの?

Uberの料金システムは 以下の通りです。

乗車料金の算出方法: ((開始料金 + 時間料金 + 距離料金) x ピーク乗数) + その他の料金 (VAN 指定料など)

しかし、時間料金の算出方法がUberPoolかそれ以外かで変わります。

UberPoolの料金システム

UberPoolだけは上の画像からわかるように、料金があらかじめ決まっています。Uberが自動で予想距離と予想時間から料金を算出しているのです。

つまり、いくら遠回りされようが、渋滞に巻き込まれようが料金は変わりません!

これは、UberPoolが相乗りのため、最短ルートを通らないことを考慮したためでしょう。

その他の料金システム

UberPool以外は、料金に幅があることがわかります。これは、あくまで目安で、実際の料金は実際の走行時間と走行距離によって決まります。

つまり、日本のタクシーと同じシステムです。

Uberのドライバーには料金の75%が収入となるため、料金と直結しています。そのため、遠回りや時間稼ぎされたりしないのでしょうか。

この点は100%されない、とは言い切れませんが、遠回りや時間稼ぎはドライバーの評価に関わりますし、こちらのフォームから返金を申請することができます。

私もUberXは何回も利用しましたが、遠回りされたようなことは一度もありませんでしたから、安心して利用してください。

ピーク料金ってなんのために?

デメリット➀でも書いたように、Uberは2014年の夏頃から「ピーク料金」という新たな料金システムを導入しました。しかし、利用者にとっては料金が高くなるだけのこのシステム。なんのために導入したのでしょうか?

Uberのピーク料金

上のグラフの赤線はある日のUberアプリを開いた人の推移、緑はドライバーの推移、青線は実際に配車予約した人の推移で、黄色のボックスはピーク料金の時間帯を示しています。

このように、需要が増えて料金が上がると、ピークエリアのドライバーが増えることでピーク料金を抑える効果(緑線)と、料金の高騰で配車予約する人の数減る効果(青線)があることが分かります。

つまり、ピーク料金の導入で、ドライバーを増やし配車予約を減らすことで鎮静化を図ろうとする狙いがあるのです。

詳しくはこちらに論文が載っています。

Uberアプリの登録のしかたは?

Uberアプリを以下からインストールできます。


Google Play で手に入れよう

注意点が一つあります。

Uberの登録には、電話番号とメールアドレス、クレジットカードが必要です。

登録時にSMSで認証コードが送られてくるので、日本の電話番号が海外で使えない場合は登録できません。

なのでおすすめは、日本で事前にアプリを登録しておくことです。

もしくは、SIMカードを入れ替えて、海外で使える電話番号をゲットすれば海外でも登録できます。

あとは手順にしたがえば、登録できます!

いかがでしたでしょうか。LAにおいてUberは必要不可欠です。是非使いこなして下さいね!









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です