ポモドーロ・テクニックとは?東大院生が世界で一番おすすめする時間術 

ポモドーロ・テクニックの説明

集中するって、とても大変ですよね。

なにか〆切が近い、など強力な強制力がないと、ついダラダラしてしまいます。

そこで、自動的に集中力をつくり出せるおすすめの方法をご紹介したいと思います。

それは「ポモドーロ・テクニック」と呼ばれるものです。

集中力を自動的につくり出す一番効果的な方法として、私は受験期を含め今でも重宝しているテクニックです。

すごいカンタンなテクニックで、おすすめのアプリもご紹介したいと思います。

ポモドーロ・テクニックってなに?

ポモドーロ・テクニックの説明

ポモドーロ・テクニックとは名前の割にはシンプルで、「25分の集中と5分の休憩をくり返す」という時間管理術。

1980年代にイタリア人の作家フランチェスコ・シリロによって考案されたものです。

当時大学生だったシリロは、大学生活を送るなかで、自分には集中力がないと悩んでいました。

そこで試験勉強のときに、持っていたトマト型のキッチンタイマーをセットし、「10分間、本当に身を入れて勉強をしてみよう」と自らに問い掛け、時間を測って勉強を始めました。

その後、「25分+5分」という形で、自分のウェブサイトでポモドーロ・テクニックを公開し、瞬く間に同じ悩みを持つ人の間で世界中に広まりました。

「ポモドーロ」はイタリア語でトマトという意味で、彼が学生時代に愛用していたトマト型のキッチンタイマーにちなんで付けられました。

ポモドーロ・テクニックのやり方

シリロの公式サイト
ポモドーロ・テクニックのサイクルの説明

  1. 達成しようとするタスクを選ぶ

  2. キッチンタイマーで25分を設定する

  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する

  4. 5分休憩する

  5. ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する(15分~30分)

ポモドーロ・テクニックのやり方はいたってシンプル。

すべてのタスクを「25分+5分」のサイクルで回します。

なぜ、このテクニックが有効かと言うと、「人は時間やお金を、あればあるだけ費やしてしまう」というパーキンソンの法則( Parkinson’s law)があり、「今日はコレとコレをやろう」とざっくり決めてしまうと、ダラダラと1日かけてタスクを行うことになるからです。

それを短時間で区切ることで、「締め切り効果」や「デッドライン効果」と呼ばれる効果から、集中して取り組むことができるのです。

また、「この25分はコレをやろう」と一つのタスクに集中することで、散漫だった集中を一つに集めることができ、力を最大限に発揮できるようになります。

さらに、長時間かかるタスクの場合、ポモドーロ・サイクルを2回転や3回転させる必要がありますが、強制的に25分で区切ると、「途中で終わったから、早くつづきをやりたい!」とモチベーションを持続させることができます。

25分に区切ることで、一点集中できる!

ルールを決めよう!

ただし、ポモドーロ・テクニックは「25分は一点集中」という前提のもとに成り立ちます。

つまり、その25分間は「スマホをいじらない」「他のタスクをしようとしない」「メールをチェックしない」など、自分なりのルールを決める必要があります。

しっかり25分間はルールを守って、その後の5分でしっかり休憩しましょう。

ルールを決めて、25分は厳守する!

ポモドーロ・サイクルの時間は変えていい?

ポモドーロ・テクニックは「25分+5分」のサイクルで回していきますが、その25分や5分を変えてもいいのでしょうか?

実は、その時間を変えることはあまり推奨されていません。

もともと人間は集中力がつづかない生き物です。

これは、はるか昔の狩猟時代の遺伝子から来ており、なにかに集中して周りが見えなくなると危険な動物が迫ってきても気づかず、集中力がある人ほど不利な時代でした。

現代人は、訓練された人でも120分ほどしか集中力は持たず、一般の人は30分程度しか持ちません。

ですので、例えば「55分+5分」に区切ったとすると、55分の間に集中が切れる時間帯が来て、誘惑に負けてスマホに手が伸びたりすると、ポモドーロ・テクニックの効果がなくなってしまいます。

ですので、集中力に自身がある人以外は、「25分+5分」のサイクルにして、その25分は必ず集中するということを目標にした方がいいでしょう。

集中はつづかないものだから、「25分+5分」のサイクルにして、その25分は必ず集中する!

おすすめのアプリ!

ポモドーロ・テクニックに関するアプリは様々ありますが、ここではあえて一つにしぼってご紹介したいと思います。

私が愛用しているのは、『Focus To-Do』

Focus To-DoのUI

このアプリは圧倒的にUIが洗練されており、使いやすく、Appストアでもポモドーロ・テクニック系のアプリの中で評価数が桁違いに多く、4.7/5と高評価をもらっています。

Focus To-Doの統計情報

もちろん、自分のプログレスを記録する機能があり、ポモドーロをした合計時間の世界ランキングなどもあります。

Focus To-Doの育成ゲーム

さらに、ポモドーロの合計時間や連続ログインなどで”日光”がもらえ、それによって植物を育てる”育成ゲームのような””楽しみもあります。

これにも世界ランキングがあり、世界と競うことができます。

iPhone、Android両方にアプリがあり、Google Chromeにインストールすることもできます。

サインアップすれば、どのデバイスでもアカウント情報を同期できます(タイマーは同期されません)。

Focus To-Doのアイコン
Google Play で手に入れよう









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です