【図解】『バビロン大富豪の教え』に学ぶ黄金法則 これであなたもお金持ちに!

「漫画バビロン大富豪の教え」の表紙

世界的ベストセラー『漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則』をご存じですか?

1926年に書かれた世界的名著『バビロンの大富豪』(ジョージ・S・クレイソン著)の漫画リメイク版です。

ほとんどのベストセラーが忘れ去られていく中、なぜ、8000年前の古代王国バビロニアの知恵を集めた本が100年後にまたリメイクされるほど読み継がれているのか。

それは、大富豪になる不変の法則、「黄金法則」があるからです。

この黄金法則、日常生活で少し意識しておくだけで、自然とあなたを大富豪に導くものです。

早速、見ていきましょう!

これを守れば、自然と大富豪!

あなたは、上の7つの道具のうち、いくつ守れているでしょうか。

一番具体的で、手っ取り早いのが、最初の「収入の10分の1を貯金せよ」ですね。

学生さんでバイトした給料の1割を貯金に回せている人、社会人の方で収入の1割をちゃんと貯金に回せている人は案外少ないのではないでしょうか?

収入のたった10分の1を、コンスタントに貯金するだけで自然と大富豪になる“カラクリ”をご説明いたしましょう。

1割貯金で大富豪になるカラクリ

七つの道具①を解説します。

サラリーマンの生涯平均年収は約3億円なので、「収入の10分の1を貯金」すれば、定年までに3000万円貯めることができます。

さらに、夫婦で共働きならば6000貯まることになります。もし、収入の2割貯められる余力があるならば、それだけで1億2000万円の貯金になります。

収入の1割貯金でも、貯まった6000万円を年利3%で運用できることができれば、資産は1億円を超えるので、億万長者になれるのです。

1億円以上の資産があることを「お金持ち」と定義するならば、お金持ちになる方法はいたってシンプルなのです。

それは、本当に必要ですか?

七つの道具②を解説します。

どの収入の人でもみんな口をそろえて「お金が足りない…」と言うのでしょうか?

それは、収入に応じて、宝石や高級品、贅沢品を買ってしまうからです。

それでは、いつまでたっても満たされないと思いませんか?

その通りです。すべての欲望をかなえようとするとお金が足りなくなります。

だからこそ、欲しいものに優先順位をつけて、優先順位の低い欲望は切り捨てるの必要があるのです。

そうすれば、一番やりたいことのためにお金を使うことができるようになります。

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツは億万長者にもかかわらず、飛行機はビジネスでもファーストクラスでもなく、エコノミーで移動するそうです。それは、「ファーストクラスでも到着する時間は一緒だから」。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグは会社までホンダのコンパクトカーで通っているそうです。

お金持ちはお金の使い方が合理的なのです。

お金持ちとは…?

「 “お金持ち” とは何ですか?」という質問に答えられますか?

「えっ…お金をたくさん持っている人じゃないの?」と思われたのではないでしょうか。

結論から言えば、それは “お金持ち” ではありません。

もし、あなたが宝くじで1億円当てたとして、その1億円で豪邸を買ったりギャンブルに使ったりしても、あなたはまだ “お金持ち” と言えますか?

それは、「いいえ」ですね。

使うばかりではいつしかお金は無くなってしまいます。

本当のお金持ちとは、「お金の増やし方を知っている者」なのです。

お金の就職先

七つの道具③と④を解説します。

さて、お金持ちになるには、お金を増やさなければいけないわけですが、どのようにしてお金を働かせるのがいいのでしょうか?

ただ、闇雲に働かせても、悪い人に騙されてしまっては意味がないですよね。

お金が貯まってくるほど、つい儲け話に乗りたくなるかもしれませんが、その時こそ七つの道具④を守らなければいけません。

そして、七つの道具③のようにお金を働かせるには、株やFX、不動産、金などの「投資」をするのがいいでしょう。

本書では、七つの道具の③と④を同時に守れる「賢明な投資先」として、「外国株式のインデックスファンドの長期運用」を推奨しています。

なぜ「株」なのかと言うと、株は会社の一部で会社の成長を前提にしているのに対し、不動産やFX、金などは主に需要と供給のバランスにより価値が上下するからです。

だからといってい、株を買ったところで。その会社がつぶれたり、リーマンショックのような不測の事態が起きて株価が暴落する心配もありますよね。

ですので、株を分散して投資することが大事になります。

外国株式インデックスファンドとは?

富豪でもお金持ちでもない庶民が世界経済の成長に投資できるのが、「外国株式インデックスファンド」という投資信託です。

この金融商品は、例えば「Meci コクサイインデックス」という世界経済の指標(日経平均の世界版のようなもの)にそって、機械的に株を買います。

噛み砕いて言うと、アップルやマイクロソフト、エクソンモービルなど、世界の優良企業1700社程度の株で構成された、詰め合わせのようなものです。

しかも、この商品はネットの証券会社で口座さえ開けば数万円程度から購入でき、銀行や証券会社に多額の手数料を払う必要がありません。

実際、インデックスファンドの手数料は年間0.1%程度で、外貨預金で1ドル購入すると1円程度の手数料(約1%)がかかることに比べれば、非常に安いです。

インデックスファンドは指標に従って、自動的に株を購入するので、金融機関のトレーダーのように個人で情報を集める必要がなく、一度買ったら、そのままにしておき、自分の仕事をしていれば、勝手にお金が働いてくれます。

もちろん他の投資と同じように、リスクがないわけではないですが、リスクを取らずしてお金を増やす方法はありません。

知識を得て、あとは行動するかしないかが、お金持ちかそうでないかを分けます。

「勝利の女神は行動した人間にこそ微笑む」

これこそが、黄金の七つの道具の最後のひとつ、「自分こそを最大の資本にせよ」です!









Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です